Singularity

パネルトークイベント

現代最高の未来学者が語る:シンギュラリティ後の世界はどのようになるのか?

人工知能が人間の知を超えた後の世界について考える。
シンギュラリティが実現した世界は、人間にとってユートピアなのか、それとも....

アルビン・トフラー、ハーマン・カーンなどとも並び称され、現在シンギュラリティについての発言に世界の注目が集まる未来学者・スタンフォード大学教授、米国シンギュラリティ大学チェアマンのポール・サフォーの講演会およびパネルトークイベントのご案内です。


【抄訳】
シンギュラリティーが実際に現実のものとなるかどうかは、私たちにはわかりません。しかし、シンギュラリティーというアイデアは、とてもパワフル で、きわめて重要です。なぜなら、シンギュラリティーは、ものすごいスピードで変化しているデジタルテクノロジーがもたらすインパクトを簡潔に表現するものだからです。

デジタルの力は世界をつくり変えています。私たちのまわりにあるすべてのものをつくり変え、私たちを、広大で新しい自由と責務のフロンティアへ連れていきます。

だからこそ、私たちは、これから先の20年、私たちがどこへ向かっていくのかについて考えなくてはならないのです。そうすることによって、私たちは未来を、自分たちが生きる未来だけでなく、私たちの子供や孫が生きる未来を形づくる手助けができるのです。


ポール・サフォー講演会

 日時:2016年10月22日土曜日
 午後1時開始 (会場 12時45分)
 午後4時30分終了予定

 会場:東京都渋谷区恵比寿1-22-20 恵比寿幸和ビル7F恵比寿セブン

●アジェンダ(スケジュール・議論項目)
13:00-13:10 ご挨拶・ポール・サフォー教授紹介、アジェンダ説明
13:10-14:10 ポール・サフォー教授講演
 「シンギュラリティ後の世界はどのようになるのか?」 (仮題)*逐次通訳付き
14:10-14:20 休憩
14:20-15:20 パネルトークセッション
 <パネラー>
 ・ポール・サフォー教授
 ・片山恭一(作家「世界の中心で愛を叫ぶ」著者)
 ・木ノ内輝(気鋭の若手映画プロデューサ、2015東京国際映画祭など受賞多数)
 ・名雲 俊忠(CEO 株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン)
  経験豊かな起業家とグローバルに活躍するビジネスリーダーにより設立されたシリコンバレーを本社とするFenox Venture Capital Inc.の日本法人の代表  http://www.fenoxvc.com/ja/team/

15:30-16:30  コーヒータイム・懇談・交流会
16:30  クローズ・散会

●募集人数 50人
●参加費 6,000円
●主催:CEO BRANDING

ポール・サフォー講演会お申込み
Facebookページに「いいね!」してくれた方に割引コード(インビテーションコード)発行いたします。上記ページからお問合せください。インビテーションコードをお送りいたします。


人工知能が人間の知を超えることについての議論は数年前あたりから「シンギュラリティ(Singularity)」の中心的課題となっています。未来学者のポール・サフォーは2030年までには必ずシンギュラリティは実現すると語っています。
シンギュラリティが実現した世界は、人類社会にとっての理想郷なのか、それともその逆なのでしょいうか。サッフォーが語るシンギュラリティ実現後の社会、人間の倫理性や協調性、創造性とはいかなるものになるのででしょうか。
ポール・サフォーはまた、大西洋評議会での非居住者シニアフェローとエンジニアリングスウェーデン王立科学アカデミーのフェローなど非営利団体および委員会メンバーでもあります。ポール・サフォーの論文、著述は、ハーバード・ビジネス・レビュー、フォーチュン、フォーリン・アフェアーズ、Wired、ロサンゼルス・タイムズ、ニューズウィーク、ニューヨークタイムズ、ワシントン・ポストなどの出版物に執筆・投稿されており広い範囲で読むことができます。

ポール・サフォー講演会お申込み

Facebookページに「いいね!」してくれた方に割引コード(インビテーションコード)発行いたします。上記ページからお問合せください。インビテーションコードをお送りいたします。

BrandDigitalを生きる
【ミッション】
Digital Brandingを生きる
【ミッション】
いま、私たちはデジタルの世界に暮らしています。そう、知らぬ間にリアルとは別にデジタルの中で生きているのです。たとへば株価はバーチャル化して世界経済を動かしています。Twitterの株価に影響を与えそうな「つぶやき」を検知したコンピュータは、その影響を考え超高速に売買を行います。その結果は日本にいる私達の生活を脅かすまでになっています。

いま、全世界のデータの92%は過去2年間(2015年統計)で生み出されたもので、毎日新たに250万テラバイトのデーターが生まれています。そのうち3分の2は普通の生活者によって生成されたものなのです。

いま、すべてのビジネスは生活者の評価に晒されています。どんなに取り繕っても真実が透けて見えるデジタル世界では為す術もありません。デジタルの世界で真実の評価を獲得することが今からのブランドなのです。

私たちのミッションは力の弱いスモールビジネスの方々が新しく始まったデジタル世界への変革の局面に対し、ブランディングやアイデンティティという視点からそれを支援し、生活者の利益にも結びつける方向へ一緒に歩み提案し続けることです。Living the BrandDigital.

Copyright © 2016 KOHIRA PERSONS PROJECT INC. All rights reserved.